リスク管理を容易にした取引方法


hli89 FXをやっている人は増えています。株式に比べて取り扱いの商品の種類も少ないですから選択肢も絞られて、初心者でも迷うことなく取引が始められます。しかし、FXは実際のところ、入力する項目が結構あります。例えば、指値価格、売り買いのタイミング、損切りなどこれらをリアルタイムで入力するのは大変ですから、損切りを行うのが嫌になり、それを怠ることで思わぬ損失を出してしまうことがあります。

そこで最もシンプルに、それでいてリスク管理を容易にした取引方法が生まれました。それがバイナリーオプションです。バイナリ—オプションはFXに限らず、株式や先物、平均株価などにも対応していますからFXの一種ということはありませんが、それでも今までFXをやってきた人にとって便利な取引方法になる可能性があるものでもあります。

おすすめブローカー:ハイローオーストラリア

・バイナリーの魅力とは

バイナリ—オプションは簡単に言うと「取引開始時よりも上がるか、下がるか」という至ってシンプルなことを予測するだけです。例えば、「1ドル=100円」時に、1時間後「これよりも上がる」と予想した場合、実際に上がればリターンが期待できます。このリターンは会社によって設定されていますが、大きい所で70%となっています。つまり、1万円分を購入すると7000円がリターンとして入ります。

ただ予想するだけで指定時間後にこれだけのリターンが期待できるのです。問題はリスクの方です。リスクは購入時に確定していますから、「購入分以上の損をすることはない」となっています。先の場合は1万円の購入をするともし予想と違って下がった場合は1万円が損失となります。

ですからバイナリーオプションの仕組みは1万円分の購入をした場合、一定時間後に1万円損をするか、「1万円+リターン」の利益が手に入るかの2択ということになります。簡単な仕組みはこれだけです。

実際にこのように「上がるか、下がるか」を予想することを「ハイ・ロー」と呼びます。他にも取引方法はあります。その会社によって呼び方が異なりますが「タッチ」「レンジ」と呼ばれるものがあります。

タッチは設定した価格になれば利益確定となります。市場が動いている時はこの方法が好まれますが小康状態の時は向かない方法と言えますからもう一つの「レンジ」がこの小康状態時に好まれる取引方法です。レンジは指定の価格を超えなければ利益確定です。

取引時間も1分、5分、10分などが主流です。この時間がたてば自動的に売買が成立しますから取引スピードは速いということが言えます。取引方法がシンプルかつ、決算も楽ですから、初心者でも手軽にたくさんトレードが行えるのです。もちろん金融商品であり、リスクが全くないということはありませんから自分で最低限の管理は行う必要がありますが、初心者でも始められるのがバイナリ—オプションの魅力なのです。

株とAI(人工知能)

AIに関してはあらゆる分野でどんどん実用がはかられていますが、それは金融業界に関
しても例外ではありません。特に株式に関してはデジタルの世界がいち早く進んでいる
こともあり、個人投資家でさえも、その影響を受ける時代になりつつあります。

では、どんな活用がなされているのか、具体的にご紹介していきたいと思います。そもそも、
株式の売買に関しては通常脳投資家であれば、そのリードタイムが数ヶ月、または数年
というところが相場でしょう。ところが、デイトレーダーともなれば個人投資家であっ
ても一日に数回の売買を繰り返して短期の売買益を検討していることが実態になります。

では、この世界にAIが投入されるというのはどういった場面でしょうか。実際にわかり
やすいところでいえば、過去の株価の上がり下がりをAIを活用し、その上がり下がりを
予測するというのが一番分かりやすいかもしれません。天気予報をイメージしてみて
ください。過去数十年のバックデータを下に類似した環境であれば、そういった確率で
雨が降るのかを予測して降水確率を割り出しています。そうです。これと同じ事を株式
投資の世界でAIを活用して行うということを考えれば、分かりやすいのではないかと
思います。

もちろん、膨大なバックデータをどれだけ客観的に注力するかによって、
その確率は大きく変わっていくことになるのですが、まさしく過去の膨大なデータを
ビックデータとしインプットしていくことはそれほど難しいことではありません。それは
世界の情勢や為替の動き、業界動向などを総合してAIが過去のデータを踏まえた判断を
行ってくれます。たとえば、Aという方がBという企業の株価を購入したいとい場合、
AIを活用してどのくらいの確率で値上がり値下がりするのか事前に判断してくれることに
なります。

これまでも営業マンが過去のデータに基づいてコンサルをしてくれましたが
定量情報がそこに加わることによって、非常に適切なコンサルになるといえるでしょう。
もちろん、それが100パーセント正しいわけではないことは心得ておきましょう。もち
ろん、今後は営業もかかわらない中でAIの判断だけで銘柄を提案されることも出てくる
でしょう。AIに全てをゆだねるのではなく、最終的には株式の売買は個人の判断に
任される事になるのでここはおさえておくべきポイントです。あくまでも過去の情報を
AIがまとめて判断する材料が増えるということです。

これまでもアナリストが株価の
予想を行ってきましたがこれがAIにどんどんおきかわる、またはアナリストもAIの
情報を加味して判断するということにつながっていくわけです。