得た利益は正しい税金申告を


hli8 バイナリーオプションで得た利益には税金が課せられます。規制が変化すると共に申告の方法も変わりますので、ここでは今現在の正しい税金申告の方法についてご説明しておきましょう。

バイナリーオプション取引をする中で利益が発生すれば、それは確かにとても喜ばしいことです。http://www.binaryoptionjp.com/で紹介されている例がたくさんあります。しかし、この取引によって発生した利益は、一種の所得でもあります。当然所得が発生すれば所得税を支払う必要が出てきます。バイナリーオプションで利益が発生する=所得として申告する必要性がある、このことをしっかり頭に入れた上で取引を行っていきましょう。

バイナリーオプションで得た利益は「申告分離課税」という形が取られます。このような言葉では何のことなのかピンと来ない人も多いかもしれませんが、申告分離課税というのは、本業がサラリーマンならば会社から得ている給料、また自営業の方ならば売上、これらの本業の収入と併せて申告しなくていい所得、ということになります。しかし、本業の収入とは切り離して別枠で申告し、税金として確定させる必要があります。

税務上、バイナリーオプションで得た利益は「雑所得」の扱いになります。そして年間20万円を超える雑所得が発生した場合には申告をし、税金を納める必要が出てきます。逆に考えれば、20万円を超える雑所得を得ていなければ、申告する必要はありません。バイナリーオプション ランキングの上で利益を挙げ、年間雑所得が20万円を超えている人のみ申告をしなくてはならない、ということです。

20万円を超える利益が発生すれば確定申告の必然性が出てきますが、サラリーマンの場合税理処理を完全に会社任せにしている人も多いことでしょう。しかし、2月中旬から3月中旬までに税務署で行われる確定申告をしないと、後で発覚した場合は追徴課税で多めに税金を払わなくてはならない事態に陥ります。ですから、必ず確定申告しましょう。

ここである有名なFX投資家のエピソードを紹介します。この人物はFXが流行し始めて間もない頃から投資に嵌り、鋭い読みが連続で的中して資産10億円を超える財産家となりました。しかしFXの知識こそあれど税金のことについて無知だったため、投資で得た利益を確定申告しておらず、追徴課税を受けた挙句に2億円の借金を抱える負債者となったのです。

元は小さな町工場で働いていたこの人物、FXの利益を得て六本木ヒルズに住まうようになり、税金のことなど考えずに豪遊した挙句、そのセレブ生活に別れを告げて実家の工場に戻るまでの期間は、わずか1年足らずだったそうです。

この話を知って、他人事だと思うかもしれません。しかし、税金のことを常に考えながら投資ができてこそバイナリーの世界で長く生き残っていける、そういう教訓だと受け止めてほしいのです。